ローン審査に通るのか否か

生活していれば、どうしてもお金が足りなくなった時にはお金借りることもあるでしょう。しかし、きちんと返済すると見込まれなければ、お金を貸してくれることは期待できません。そして、ローン会社が、返済を見込めるか否かを見極めるために設けられているのが審査というハードルです。

どういう人がローン審査に通りやすいのか

どうしてもお金が足りないわけですから、何としても審査に通りたいというのは誰もが思うところです。ここで必要なのは、審査に通る人がどのようなレベルなのかを知っておくことです。

例えば、お金を貸して返済してもらう立場のローン会社として申し分ないと思える人物像を想像してみると良いでしょう。それは、なんといっても安定した職業についていて、返済完了まで収入が見込めそうな人です。つまり、公務員や名の知れた大手企業に勤めていれば審査には通りやすいということになります。もちろん、勤続年数は少なくとも1年は必要であり、長いほどに信用できる人物ということになるでしょう。

しかし、収入は見込めても他からもお金を借りている人はローン会社にとって好ましくない人物像ということになります。これは、住宅ローンがたくさん残っている場合も含まれます。もしも病気で働けなくなった時には貸した分を回収できなくなる可能性が高くなるからです。さらに、過去に利用したローンの返済を延滞していて信用情報機関に登録されている場合も信用されにくくなってしまいます。